活動報告 | 自由民主党鹿児島県支部連合会

活動報告

平成23年度 各委員会・部・局活動方針

わが党は昨年夏、党の存亡をかけ、反転攻勢の第一歩として臨んだ参議院議員選挙に勝利し、改選第一党の座を獲得すると同時に、参議院に「逆ねじれ」を生じさせた。

また、今春行われた統一地方選挙(県議会議員選挙)は、「地方こそわが党の原点」ち位置付け、政権奪還の足がかりとすべく臨んだ極めて重要な選挙であったが、これに勝利し、県議会において、引き続きゆるぎない態勢を堅持していくこととなった。
このような中で、わが党は、引き続き県民目線に立脚した、きめ細かい施策をもって希望と誇りを持てる国づくりなどに全力を尽くすとともに、当組織の強化と活性化を図り、わが党の姿勢を強く訴え、理解を求める魅力ある広報活動に努めなければならない。

よって、本年度の政調・組織・広報、青年・女性局の各委員会・部・局は、来年の鹿児島市議会議員選挙、鹿児島県知事選挙、鹿児島市長選挙などの各級選挙や常在戦場にある、来るべき衆議院総選挙に即応するふだんの態勢を構築すためにも、下記の日常諸活動を積極果敢に行う。

政務調査会

  • 1.党の理念、政策への理解と協力を得るための、友好諸団体との交流促進と連携の強化。
  • 2.意見書の積極的提出など、県議会、市町村議会の活性化による政策の実現。
  • 3.東日本大震災復旧・復興に対する積極的支援と原発安全対策を求める運動の展開。
  • 年金、医療、福祉など、安心、希望のもてる社会保障制度の確立。
  • 国のあり様を変える「TPP参加」絶対阻止と活力ある農林水産業の振興。
  • 景気の回復と雇用の場の創出。
  • 災害に強い県土をつくり、安心・安全な地域社会の構築。
  • 活力ある地域づくりと社会基盤の整備。

ページの先頭へ戻る

組織委員会

  • 入党促進運動の積極的展開。
  • 選挙区支部、比例区支部、地域支部、職域支部並びに各級議員の党員獲得目標達成。
  • 国政、地方選挙に即応する地域支部の再構築。
  • 青年・女性党員の拡充強化並びにそれに伴う青年部局・女性局の再構築。
  • 市町村議員の入党促進と連携の強化。
  • 友好団体との連携強化。
  • 各種団体とのネットワークづくりと新たな支援体制の構築。

ページの先頭へ戻る

広報委員会

  • 「自由民主」等、党機関紙の積極的活用。
  • 時局後援会、セミナー等の開催、並びに街頭遊説活動の積極的展開。
  • 無党派、若年層へのアプローチと交流促進。
  • マスメディア等との交流。
  • メール、ツイッター等メディアツールの積極的活用。

ページの先頭へ戻る

青年部・青年局

  • 各級選挙必勝態勢の確立。
  • 青年組織基盤の拡充・強化
  • 入党促進運動の展開。
  • 研修活動の充実。
  • 街頭活動の展開

ページの先頭へ戻る

女性局

  • 地域(市町村)支部女性部の活性化と、選挙区支部女性部の再生。
  • 党員拡大運動、特に「ひとり一名女性党員獲得事業」の積極定期展開。
  • 若手女性活動家の育成。
  • 友好団体等、各集団体グループとの連携強化(新しい女性支持層の開拓)。
  • 日常活動の活性化と研修活動の実施。
  • 児童虐待防止を目指す啓発運動「ハッピーオレンジ運動」の展開(「子どもHAPPYプロジェクト」の一環)。
  • りぶる購読者の拡大。

ページの先頭へ戻る