活動報告 | 自由民主党鹿児島県支部連合会

活動報告

令和2年度 各委員会・部・局活動方針

われわれは、昨年の統一地方選挙並びに参議院議員選挙に勝利し、令和の新しい時代の幕開けと同時に、引き続き国、県を通じ、ゆるぎない与党体制を構築することとなった。

このような中、突如として新型コロナウィルスが発生し、瞬く間に感染が拡大、全世界で猛威を振るい、私たちの暮らしを一変させ、命や社会経済へ甚大な影響を与えることとなった。
われわれは、何より新型コロナウィルスの一日も早い終息と、社会・経済の立て直しを図り、安全安心な日常を取り戻すため、全力を尽くさなければならない。

同時に、少子高齢化社会を克服する「人づくり」、人生100年時代の「全世代型社会保障制度」の確立、さらにわが県の基幹産業である「農林水産業」や「観光産業」等、一層の振興など喫緊の課題が山積している。

われわれは、責任ある政党として、これらの課題の解決を着実に実行し、新たな時代を切り拓く原動力となるものである。
そのためにも、われわれは一丸となり組織の一層の強化と活性化をはかり、間近に迫る知事選挙に勝利し、国・県・市町村が引き続き安定した政治のもと、広く県民の負託に応える魅力ある党活動に邁進するものである。よって、本年度の政調・組織・広報の各委員会は、下記の諸活動を積極果敢に行う。

 

政務調査会

  • 1. 新型コロナウィルスの一日も早い終息と、社会・経済の回復のための迅速な施策の推進
  • 2. 党の理念、政策への協力と理解を得るための、友好諸団体との交流促進と連携の強化
  • 3. 党本部、国会議員、県連、県議会、市町村議会の密接な連携による実効ある政策の推進
  •  教育の無償化等をはじめとする少子高齢化社会下の「全世代型社会保障制度」の確立
  •  農林水産業の成長産業化と活力ある農山漁村を実現し、希望の持てる「農林水産新時代」の創造
  •  地域の隅々まで景気の回復が実感できる経済の再生
  •  「国土強靭化」政策のもと、災害に強い安心・安全な県土づくり並びに国境離島の振興および島嶼防衛の強化
  •  新しい時代や国際社会に即応する「憲法改正」をめざし、県民世論を喚起する活動の展開

ページの先頭へ戻る

組織委員会

  •  2万名党員の達成と定着化運動の積極的展開
  •  休眠地域支部の再構築と地域市町村支部大会の拡充強化と活性化
  •  各級選挙に即応する地域支部・職域支部の拡充強化と活性化
  •  青年・女性党員の拡充並びに青年・女性組織の整備強化と若年層党員の拡大
  •  市町村議員の入党促進と交流の強化
  •  友好諸団体との連携と支援態勢の強化

ページの先頭へ戻る

広報委員会

  •  党是である憲法改正に向けた県民運動の推進
  •  「自由民主」「りぶる」等、党機関紙の拡販と積極的活用
  •  各級選挙を見据えた遊説・街頭活動及び災害等に対する救護活動の積極的実施
  •  無党派、若年層への積極的アプローチ運動の展開
  •  マスメディア等との交流促進
  •  インターネット選挙運動促進のためのネットツール等の積極的活用

ページの先頭へ戻る

青年局

  •  地域支部における青年部・局設置と活性化並びに選挙区支部青年組織の構築
  •  各地域における友好団体及び地域活性化団体等との交流促進
  •  ふるさとリーダー育成塾「かごんま造士館」の円滑な運営
  •  学生部の設置に向けた若年層の入党促進運動の展開
  •  政治への関心を喚起するための遊説活動や党の重要政策等に対応する街頭活動の実施及び研修活動等の
    積極的展開
  •  憲法改正への理解を求める「啓発運動」の展開
  •  県知事選挙をはじめ各級選挙に向けた必勝態勢の構築

ページの先頭へ戻る

女性局

    •  地域支部・選挙区支部女性部の再構築と活性化
    • ・ 活動をサポートする支援者の獲得

    •  新しい女性支持層の獲得
    • ・ 党員獲得運動『絆プラスワンキャンペーン』の継続展開

    •  女性活躍と女性の健康対策の推進
    • ・ 勉強会、「いどばたキャラバン」の実施

    •  児童虐待防止を目指す啓発運動「ハッピーオレンジ運動」の継続実施
    • (「子どもHAPPYプロジェクト」の一環)

    •  女性の視点に立った新型コロナウィルス対策並びに防災・減災推進
    •  女性誌「りぶる」購読者の拡大(年間購読料3,800円)
    • ・ 「りぶる」を媒体とした女性局活動推進

      ページの先頭へ戻る